北海道早来地区のパイプハウス簡易牛舎、アーチ起こしまで出来上がりました。

パイプハウス簡易牛舎|骨組み

北海道安平町早来地区の簡易牛舎、アーチ起こしまで出来上がりました。

サイズは間口10.8m、高さ3.5m、奥行き約20mともっともオーダーの多いサイズです。

この大きさを職人のUさんとSさん二人だけで、作り上げます。工期は15日間ほどでしょうか、、、。

これから内部に牛舎用のファームパネルなど設置していきます。

牛舎ファームパネル

調べてみると、牛舎のファームパネルは様々な用途で使えるようです。

牛舎内の仕切り柵として

育成牛舎内に取り付けて、牛の移動や堆肥出しなどの作業をしやすくする。軽量で部品も揃っているため、自分でも施工が可能。

パネルも格安なので、コストを抑えて育成牛舎の新築や改築が可能

子牛のパドック柵として

パネルを組み合せて、簡易的にパドックを設置することが可能。

部品は外すことも可能なので、積雪時の撤去や移設も簡単。同じフェンスを用途に応じて使い分けることも可能。

カーフペンとして

子牛用の仕切り柵(カーフペン)としても、利用可能。

 

ちなみに

発砲注意?

厚真の道中に

「発砲注意」

こんな旗が立っていました。

だれが発砲するんですかね?

気をつけて運転しよう、、、。