簡易牛舎内部 北海道

低価格で鉄骨レベルの強度と耐久性を誇る大型ビニールハウス「丸二物産パイプハウス 」。
牛舎・豚舎・鶏舎など簡易畜舎としてもオススメします。

パイプハウス牛舎、簡易牛舎の補助事業にも採用実績多数。

低価格(材工坪単価5万円~)で鉄骨並みの耐久性のパイプハウス。間口、奥行などサイズは自由に設計。

鉄骨牛舎、木造牛舎、D型ハウス型牛舎、牛舎ドームを検討されている酪農家様、畜産家様にも選択肢の一つとしてご提供していければ、幸いです。

簡易牛舎・畜舎に選ばれる理由

1. 48.6ミリパイプだから実現できる強度と耐久性

パイプハウス簡易牛舎 北海道48.6ミリパイプを使用しているので、強度と耐久性に優れています。鉄骨、木造に比べ低コスト、建築費も大幅に抑えることが実現。

材工坪単価5万円~ (中造作、土間コンは別途)

2.自然換気ができ、衛生的

簡易牛舎 乳牛 育成舎側面のビニールを巻き上げ機で簡単にお好みの高さまでロールアップできます。畜舎内の自然換気が十分にされるから、衛生的です。

3.採光に優れている

パイプハウス 簡易牛舎内 採光側面と屋根の部分は透明フィルムになっているので、畜舎内に自然光がビニールハウス内に入ります。(側面や屋根は板金も可能。)

4.夏季は遮光も可能

パイプハウスの採光遮光夏季や日射が強い時期、強い日射を好まない場合は、内張りネットで遮光できます。

遮光用のビニールも標準で用意。

一般的な板金屋根もOKです。

5.冬季採光も十分

簡易牛舎の採光遮光遮光ネットを必要としない冬は巻き上げて収納できます。鉄板屋根ではできなかった採光調整が可能です。

被覆材はビニール、板金、ポリカなどからお選び頂けます。

6.雪国 北海道でも通年使用が可能

切妻型屋根なので、屋根に雪は溜まりませんアーチ型ビニールハウスやD型ハウスは雪が屋根につもりがちですが、切妻型屋根なので、屋根に雪は溜まりません。

雪国でも通年使用(ビニールハウス耐雪型としても)が可能です。

7.簡易牛舎の補助事業にも採用

北海道厚真町の簡易牛舎(育成牛)簡易牛舎は省庁の補助事業が適用できます。手続きに関しては各地域の窓口にご相談ください。

簡易牛舎の補助事業に関する情報(Google検索結果)

弊社では毎年数棟、補助事業でハウス牛舎・簡易牛舎の依頼を受けております。

簡易牛舎 内観/外観

写真をクリック(タッチ)すると拡大表示されます。

簡易牛舎 内部3簡易牛舎 内部2簡易牛舎 内部1簡易牛舎 外観1簡易牛舎 外観2簡易牛舎 外観3牧草ロール格納庫ダブルアーチ仕様 側面、峰ダブルアーチ仕様 直管部分大型パイプハウス 外観全体農業用ハウス倉庫 南幌3厚真町字鯉沼で簡易牛舎(ハウス牛舎)施工中2北海道厚真町で簡易牛舎施工中(ハウス牛舎)厚真町字鯉沼で簡易牛舎(パイプ牛舎)2

 

簡易牛舎 レイアウト例

ハウス牛舎 簡易牛舎 図面2ハウス牛舎 図面3ハウス牛舎 図面1

お気軽にお問い合わせください。0120-024-161受付時間 9:00~18:00(土日・祝日除く)

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください。